クレジットカードは比較をしてからセレクトした方が良い!

計画性が求められる

買い物

借入をする時は金利計算をしなければなりません。金利についてある程度は知っておかないとカードローンの利用に大きな負担が掛かってしまいます。金利計算の方法は専門サイトで学び、実際にどのくらい金利が適用されるのか知るようにして下さい。そうすれば、安心していつでも借入を行なえます。

カードローンの金利は4.9%~16.5%などと曖昧に設定されています。そのため、実際にどのくらいの金利になるのか分からないという方がほとんどでしょう。まずは、利息制限法を理解することが大前提です。融資額が10万円未満なら20.0%、10~100万円未満が18.0%、100万円以上が15.0%と上限金利が決まっており、これが利息制限法です。融資額に基づいて金利は設定されていますので、利息制限法を目安に金利計算は行ないましょう。銀行によっても金利は変動するため、どこの銀行でカードローンを組むかというのも検討していた方が良いでしょう。

収入の3分の1が借入上限額となっていますが、金利のことも考えて借入を行なわなければなりません。返済計画を細かく考えることで翌月、期日を守って返済することが可能でしょう。カードローンは非常に便利なものですが返済の責任は自分にあるため、無計画なまま借入を行なうのは良くありません。信用度を下げないようにするためにも、金利計算をして無理のない範囲で借入をして下さい。一定期間のみ無利息でカードローンを組むことが出来る会社もありますので、そのようなところも見てみましょう。